活法との出会い(2)

投稿日:

活法との出会い(1)の続きです。

■古武術鍼法を体験してみて

こらえ切れずに勢いだけで参加したので、古武術活法や活法を見たこともない私にとっては、不安と期待が6:4くらいでの会場入りでした。(不安の方が強かったのは内緒です。)

セミナーの流れは、
理論を聞く→テーマに合った症状の受講者に先生が鍼をする(デモンストレーション)→各自ツボを取る練習→自分たちで実際に鍼をする
というものでした。

理論を聞いた段階では、へぇ~となっただけでしたが、デモンストレーションを見た後には、凄いに変わっていました。
なんと、腕が上がりにくい、首を回すと痛いなどの症状が、一本鍼をしただけで瞬時に解消されていったのです。
自分で再現できるのか不安にもなりましたが、その後、教わった通りに自分たちでやったら見事に再現できていました。

鍼の勉強会はそれまで色々参加していましたが、これだけきちんと再現できたのは初めてだったので興奮でした。
この瞬間から古武術鍼法に魅入られてしまいました。

■活法もやりたい!

古武術鍼法のセミナーを受講していた人の多くが、それまでに活法を学んでいた人でした。その方たちは体を扱うのがとても上手で、触り方一つとっても私とは大きく違っていました。
活法を学べば自分もそうなれるのかと思ったのと、これだけ画期的な鍼の元になったのならさぞ素晴らしいのだろうなと思い、会場をあとにする頃には活法も学ぼうと決心していました。

■活法って楽しい!

活法を学んでみて一番思ったことは、楽しい!というものでした。
古武術鍼法の時もそうでしたが、今までは試行錯誤しながら苦労して鍼をしていたのに、一つの手技をする度に患者さんの体に変化が起きるのです。楽しくないわけがないですよね。
今では患者さんの「あれっ?」という表情を見て気持ち良くなるために治療をしていると言っても過言ではありません(笑)

福井で活法を行っているのは今のところ当院だけなので、興味を持たれた方は、ぜひ一度お越しください。

-活法

Copyright© 坐骨神経痛,耳の症状でお悩みなら福井市の藤澤活法鍼灸院 , 2020 All Rights Reserved.