耳の症状その日のうちに

投稿日:2017年12月23日 更新日:

私のところに耳の症状で来る方は、早くても発症から一ヶ月は経過していることが多いです。

タイトルみたいに、発症したその日のうちに治療を始めることができた経験はありませんでした。

しかし先日、幸か不幸か自分の耳に症状が出て、その日のうちに鍼治療をしてどうなるかを試せたので、その後の経過などを書いてみようと思います。

朝目覚めたら

二週間くらい前になりますが、朝目覚めると同時に奥歯から耳の奥へ突き抜けるような猛烈な痛みに襲われました。

「虫歯かーヤバイなー」と思っていたら、痛みがあった側の耳が電車でトンネルに入った時や水に潜っているような、耳の奥が圧迫されている感覚に。音は聞こえていましたが、痛みと合わさってなかなか不快で辛い感じでした。

その日は朝から予約が入っていて、あまり時間も無かったのでそのまま我慢して仕事をしていましたが、昼になっても全く治まる気配も無かったので、自分で鍼をすることにしました。

いざセルフ鍼

自分で鍼ができるのはいいねと言われるこもありますが、人にやるよりも難しいです。体の後ろ側は見えませんし、体が硬いので手の届かない場所も多いです。必然的に、手や足など手がちゃんと届くツボで治療をしなければならなくなりますが、足はまだしも手に鍼をする時は片手でやることになるので、痛みが出やすくなります。足も場所によっては結構無理な体勢をとらなければならなくなるので、なかなかやりづらいです。

身近に治療してくれる人がいれば最高ですが、そんな贅沢も言ってられないので、とりあえず症状について考察していこうと思います。

まず注目したのは、歯の痛みと一緒に症状が出たという点です。

奥歯が痛い→奥歯の近くの顎周りが防御反応として緊張が強くなる→耳への血流を邪魔している

と考えました。

手のツボで顎周りにアプローチすると、少し奥歯から耳の奥の痛みが和らいだ感じがしました。次に、届く範囲で肩を確認すると、耳と関係のある場所にコリがあったので、足のツボで緩めました。ちなみに使った鍼は3本です。

10分くらいすると痛みも戻ってしまい、不快感もそのままでしたが、とりあえずこれで様子をみることに。

夕方くらいになると、全体的な不快感が半分くらいになっていたので、なかなか順調な経過です。ただ、虫歯はどうしようもないので歯は痛いままです。

次の日

朝起きたら一瞬耳のことを忘れるくらい症状が軽くなっていました。9割減といったところでしょうか。実はこの日東京での勉強会に参加する日で新幹線に乗らなければならず、トンネルが不安でしたが、トンネル通過時に一時的に痛みが強くなるくらいでなんとかなりました。

その日の勉強会では、そんなに不快感を感じることなく過ごすことができ、運良く難聴の時にも使うツボの練習もあったので、何本か鍼をしてもらうことができました。

なぜか歯の痛みも治まっていて、時々耳に違和感があるくらいまで改善しました。

無事に完治

次の日起きたら、耳の症状は無くなり、一日通して違和感を感じることもありませんでした。

それからは自分に鍼はせずに様子を見ていますが、一応これを書いている二週間後でも再発はしていないので、完治したと思っても良さそうです。

いつも患者さんの耳の治療をする時は、たった2日で治ったケースはほとんどなかったので、すぐに治療を始めるのは大事なんだなと改めて感じました。

最後に

今回、初めて耳の症状を体感しましたが、患者さんからよく聞く「水に潜ったような感じ」を身をもって経験できたのは良かったです。他の症状についても言えますが、普段治療していても経験したことのない症状の方が多いので、いい機会だったと思います。

耳の症状に悩んでいる方でこれを読んでいる方がいましたら、早期に治療を始めれば始めるほど治る確率は上がるので、できるだけ早くお問い合わせ頂けたらと思います。病院に通院中でももちろん構いません。

-

Copyright© 福井市の鍼灸整体院 藤澤活法鍼灸院 , 2019 All Rights Reserved.