腱鞘炎(ばね指)について

腱鞘炎は手術をしなくても改善できます

腱鞘炎の治療は一般的に、湿布、動かせないようにテーピングで固定、手や手首のマッサージ、ステロイド注射などがありますが、なかなか改善せずにどうしようもなくなって手術をすることも少なくありません。

手術をすると一旦は治りますが、しばらくして再発したり、手術の後遺症で別の症状が起こったりする場合もあります。
※来院された方に腱鞘炎の手術をした後から手が痺れるようになったという方が実際にいました。

なかなか治らなかったり、手術をしても再発してしまうのは、腱鞘炎が起きた本当の原因が放置されてしまっているためです。

原因に対しての正しい治療を行えば、日常生活を送りながらでも十分に改善することができます。

このような方に

・指の曲げ伸ばしがやりづらい
・字を書くと手がズキズキする
・ドアノブを回すと手首が痛い
・ばね指(弾発指)やドケルバン病と診断された
・痛いけれど家事や仕事を休まずに治したい
・湿布や痛み止めで治るのか不安だ
・病院で「手術しかない」と言われた

腱鞘炎の本当の原因

腱鞘炎は、手の使い過ぎで起こるというのはご存知かと思います。
でも、手をよく使う人がみんな腱鞘炎になるわけではないですよね?

一般的にはあまり知られていませんが、手を動かす時、背中から手までの筋肉が連動して動いています。
背中の筋肉が緊張して硬くなっていると、この連動がきちんと働かず、手の筋肉にかかる負担が大きくなります。

背中が柔軟な人は、負担を背中から手までの広い範囲に分散できるので、腱鞘炎になりにくいです。
しかし、背中が緊張が強い人は負担の分散ができず、手だけに負担を集中させてしまうので、腱鞘炎になりやすくなってしまいます。

注射や手術で治ったと思っても再発することが多いのは、根本的な原因である背中の緊張が残っているためです。

背中の原因である場所をきちんと緩めることで、背中から手までの連動を取り戻し、手を楽に動けるようにすることで、自然に炎症も治まっていき、再発もしにくくなります。

当院での腱鞘炎治療

当院では、痛みが強い手や手首に鍼をすることはありません。
普段の環境や痛みが出る状況などを詳しく聞き、体を丁寧に触診することで、痛みを起こしている原因を見付け出し、その原因へ鍼をしていきます。

原因だけに鍼をすることで、体への負担を最小限にとどめます。3~7本の鍼でしっかりした効果を感じることができるため、鍼が苦手な方でも大丈夫です。

腱鞘炎の方の通院の目安

原因の場所の緊張が緩んだ状態を維持し、体が治る力を取り戻す状態にするために、最初は2回/週(3~4日間隔)のペースで治療を行います。
その後、症状の改善具合に合わせて徐々に間隔を空けていきます。

治療を途中で中断されると、治療を一からやり直しになってしまう可能性があるので、ご自分での判断はお控えください。

当院で実際に治療をした症例を掲載していますので、ご覧ください。

→ 腱鞘炎・ばね指の治療例

ご予約・お問い合わせはコチラ

LINEからのお問い合わせ

LINEからご予約の場合、LINEの「友達追加」をお願い致します。
LINEで24時間予約が可能となります。
また、LINEからご予約頂いた場合、初診の方は1000円OFFさせて頂きます。
ぜひご利用下さい。

友だち追加

お電話でのご予約・お問い合わせ(完全予約制)

0776-50-2603

一人で行っているため、「今すぐ」だとお受けできない場合がございます。
ご予約の際は、時間に余裕をもってご予約ください。

診療時間:10時~13時・15時~19時
(火曜のみ21時まで)
休診日:水曜日・日曜日
※臨時に休む場合がありますので、トップページ上部のカレンダーもご確認ください。

投稿日:2015年8月8日 更新日:

Copyright© 福井市の鍼灸整体院 藤澤活法鍼灸院 , 2019 All Rights Reserved.