自律神経失調症について

自律神経は自分の意志と関係なく、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。基本的には体の活動時や昼間に交感神経が活発になり、安静時や夜に副交感神経が活発になります。その2つのバランスをそこなうのが「自律神経失調症」です。不規則な生活やストレスによって自律神経の働きが乱れると、「食欲不振」「頭痛」「首や肩のコリ」「背中や腰の痛み」「睡眠の異常」「疲労感」「下痢や便秘」などの症状が現われます。

うつ症状について

人は、過度な精神的ストレス(人間関係や仕事、環境の変化などによるもの)や、身体的ストレス(不規則な生活や食生活の乱れ、肉体疲労などによるもの)がきっかけで憂うつな状態になりますが、その原因が解消されたり時間が経つと回復してまた元気になります。

うつ症状が強い人は、その原因が解決しても憂うつな状態が続いてしまい、体があまりリラックスできないことで自律神経失調症の症状も伴うことが少なくありません。

うつ症状や自律神経失調症の人の体の特徴

うつ症状や自律神経失調症と診断を受けている方は、共通して首や肩から背中にかけて強いコリ(緊張)があります。

コリがあると体が常に緊張している状態になってしまい、休んでいるつもりでも疲れが抜けなくなってしまいます。体の緊張が続くと自律神経のバランスが崩れ、頭への血流が邪魔をされて頭痛が起こったり、体がリラックスできないので不眠にもつながります。

また、食欲不振や下痢・便秘などの内臓の症状がある方は、腹部に緊張があります。これは体の反射によるもので、内臓の不調が腹部の反応としてあらわれています。

当院での治療

当院では、首や肩などのコリを緩めることを中心に、起こっている体の症状に合わせて治療を行います。

心と体は影響し合っているため、最初のきっかけは精神的なストレスだったとしても、体が辛いことでさらに気持ちが沈み、気持ちが沈んだことで体の回復を遮ってしまうという悪循環に陥ってしまいます。そこで必要なのが、体を楽にして悪循環を断ち切ってあげることです。体が楽になると、気持ちも前向きになります。

また、体が楽になると緊張状態から解放されるため、自律神経の乱れも徐々に治まります。

病院へ通院しながら治療ができます

当院に来られる方は、病院へ通院しながらという方も少なくありません。薬は飲みたくないという方もいますが、現在処方されている薬がある場合は、医師の指示どおりきちんと飲みましょう。体が楽になり、精神的な症状も落ち着いてくると、医師から処方される薬も徐々に少なくなっていくはずです。

薬だけでの治療に不安を感じている方は、一度ご連絡いただけたらと思います。

2017年3月18日

Copyright© 福井の鍼灸・整体「藤澤活法鍼灸院」 , 2020 All Rights Reserved.