主な症状疲れがたまると頭痛や吐き気を伴う

患者

40代男性

通院回数

1回

 

頻度

1回通院

来院地域

福井市

 

症状

過去に胸郭出口症候群と診断され、症状が悪化すると鍼治療を受けている。

症状が重い時には、頭痛や吐き気を伴うこともある。来院時はそこまで症状は強くなかったが、仕事が忙しく疲れが溜まっていたということで、症状が悪化する前に治療するために来院した。

施術と経過

胸鎖乳突筋や斜角筋を触れると、左右とも硬くなっていた(左>右)。手と足のツボに鍼をすると即座に緩み、柔らかくなった。

患者さん自身にも触れてもらい、楽になったことを確認し治療を終えた。

< 頚肩腕症候群・肩こりの治療例へ戻る

投稿日:2019年11月1日 更新日:

Copyright© 福井の鍼灸・整体「藤澤活法鍼灸院」 , 2020 All Rights Reserved.