主な症状首から右肩にかけてだるい、朝起きると右腕の痺れ

患者

40代女性

通院回数

2回

 

頻度

週1回程度

来院地域

福井市

 

症状

首から右肩にかけてだるいような違和感があり、朝起きた時には右腕が痺れている感じがする。

仕事でよく手を使うためか右手首に痛みがあり、最近段々と痛みが強くなっている。夜寝るときは、必ず右側を下にしないと眠れない。

整体に通ってみたがあまり良くならなかったので、家から近かった当院に来院。

施術と経過

肩の違和感と手首の痛みは、背中から来ていると推測した。背中のツボに鍼をすると、肩の違和感も手首の痛みもかなり軽くなった。

朝の腕の痺れは、右腕を下にしていて腕が圧迫されているせいだと考え、真っすぐ寝れるように骨盤の調整を行った。

一週間後の二診目の時に、右を下にしないと寝れなかったのが、真っすぐ寝れるようになったと言っていた。手首の痛みが少し戻っていたが、肩の違和感や腕の痺れは感じなくなったとのこと。

背中のツボに鍼をすると、手首の痛みは無くなった。

< 頚肩腕症候群・肩こりの治療例へ戻る

投稿日:2019年11月1日 更新日:

Copyright© 坐骨神経痛,耳の症状でお悩みなら福井市の藤澤活法鍼灸院 , 2020 All Rights Reserved.