主な症状臼蓋形成不全、股関節が安定しない

患者

40代女性

通院回数

5回

頻度

2週に1回程度

来院地域

福井市

症状

2~3年前から股関節に違和感を感じ、整形外科で臼蓋形成不全と診断される。歩いているときに特に股関節に違和感を感じる。左足だけで立つと体が安定しない。

別の鍼灸院に通っていたが、症状に改善がみられなさそうだったので、新しい視点からの治療をしたいと思い、ホームページを見て来院した。

施術と経過

臼蓋形成不全は、大腿骨がはまっている骨盤の臼蓋という部分の骨の形が不完全な状態です。大腿骨と臼蓋との接地面積が少ないため、一般の人と比べて股関節の負担が大きくなります。

骨の形は変えられないので、股関節を支えている筋肉を柔軟にすることで股関節への負担を減らそうと考えた。

股関節を安定させるために、背中のツボを使った。刺鍼後に左足だけで立ってもらうと、フラフラせずにまっすぐ立てた。その後、骨盤周りを安定させるために活法と臀部(おしり)にあるツボを使うと安定性が増した。

予防のためにその後も2週に1回のペースで定期的に施術。

< 股関節・鼡径部痛の治療例へ戻る

投稿日:

Copyright© 坐骨神経痛,耳の症状でお悩みなら福井市の藤澤活法鍼灸院 , 2020 All Rights Reserved.