主な症状低い音が聞こえづらい、静かなところで耳鳴り

来院者

20代男性

通院回数

6回

 

頻度

週2回程度

来院地域

福井市

 

症状

左耳で音が聞こえづらくなり、医師から突発性難聴と告げられた。その時はステロイド薬で一旦よくなった。

5か月後、風邪を引いた時に再発し、ステロイド薬や他の薬の処方を受けたが変化しなかった。風邪を引いてから左の鼻詰まりを感じていて、鼻炎薬を処方されているが変化はない。

低い音が聞こえづらく、静かな場所ではボーという低い音の耳鳴りがする。来院前の聴力検査では、低音が30db。

ホームページを見て来院した。

施術と経過

一回目

首や肩に触れると、耳との関係が強い場所にコリが認められた。手や肘のツボを使い、それらのコリを緩めた。鼻詰まりも難聴の原因になることがあるため、鼻詰まりに対して膝のツボを使った。首や肩は楽になったが、直後に耳の変化は無し。

二回目(一週間後)

病院で聴力検査を受けた後に来院。検査結果は、30db→15dbになり良くなっていた。静かなところでは、まだ耳鳴りが気になるということで、鼻詰まりもまだある。前回と同様の施術をしたところ、直後に鼻が通った感じがあった。

三回目〜六回目

四回目辺りから耳鳴りも小さくなり、ほとんど気にならなくなったため、六回目で終了とした。

< 突発性難聴・耳鳴りの症例へ戻る

2019年11月1日

Copyright© 福井の鍼灸・整体「藤澤活法鍼灸院」 , 2020 All Rights Reserved.