主な症状腱鞘炎の手術後に現れた痺れ

患者

50代女性

通院回数

5回

頻度

週1回程度

来院地域

福井市

症状

2年前に親指の付け根が腫れ上がり、腱鞘炎と診断され手術を受けた。腫れは引いたが、手術後から親指にしびれが出るようになった。

親指の動きも悪く、45°くらいまでしか開けなかった。病院などで診てもらったが治る気配が無いので、鍼灸を試してみようと思い来院。

施術と経過

まずはしびれに対して、背中に鍼を行い10分間置鍼した。

すると、段々としびれが軽くなってきた。次に親指の動きを良くするため、背中の別の場所に鍼をしながら指を動かしてもらった。

動かしているうちに、人差し指と親指の角度が90°まで開けるようになった。5回の治療でほぼ改善した。

< 手の痺れの治療例へ戻る

投稿日:

Copyright© 福井の鍼灸・整体「藤澤活法鍼灸院」 , 2020 All Rights Reserved.