主な症状長時間座っている時、上を向く時に左手が痺れる

患者

40代男性

通院回数

4回

頻度

週1回程度

来院地域

福井市

症状

2月の頭頃から左の肩~肘にかけて痛みが出るようになった。3月に入ると、左手に痺れを感じた。

長時間座っている時と、上を向く時に症状が強くなる。過去に整形外科でストレートネックと言われたことがあり気になっている。

施術と経過

まずは首の動きの改善を試みた。手のツボを使うと上に向きやすくなり、腕の痛みや手の痺れが少し軽くなった。

座っていると痺れが強くなるということから、太ももの裏側も関係があると考えた。活法の太ももの裏側から肩を緩める技を行うと、腕の痛みがさらに軽くなった。

最後に、手の痺れと関係のある背中のツボを使うと、手の痺れも和らいだ。治療を重ねる毎に症状が軽くなっていき、計4回で治療を終了とした。

< 手の痺れの治療例へ戻る

投稿日:

Copyright© 福井の鍼灸・整体「藤澤活法鍼灸院」 , 2020 All Rights Reserved.