主な症状雪かきで再発した腰痛、前屈が辛い

患者

40代男性

通院回数

1回

 

頻度

1回通院

来院地域

坂井市

 

症状

7、8年前に腰椎4、5番のすべり症とヘルニアと診断される。病院での治療の結果しばらく良かったが、昨年の雪かきをきっかけに痛みが再発。

整体にしばらく通い、ある程度良くなったが、ある程度のところから回復が止まった感じがした。そこで、もっと良くなる方法がないかと鍼を試してみようということで来院。

前屈の動作の制限が強い(指の先が床から約50cm)。左大腿部に少しピリッとした痛みを感じる。

施術と経過

腰椎を触診すると、左側にコリが見つかったので、まずはそれを膝のツボを使い緩めることにした。緩んだのを確認し、前屈をしてもらうと少し動きがよくなった(指の先が床から約40cm)。

前屈をした時に、右足の膝からふくらはきにかけて突っ張った感じがするということで、そこを活法で緩めた。すると、また少し前屈が改善した(指の先が床から約30cm)。

大腿の痛みは坐骨神経痛と判断し、ふくらはぎのツボで腰椎の調整を行った。ピリッとした感じもなくなったので治療を終えた。

その後、腰の症状は再発せず、肩こりや頭痛などの症状で数ヶ月おきに来院している。

< 腰痛の治療例(1)へ戻る

投稿日:

Copyright© 福井の鍼灸・整体「藤澤活法鍼灸院」 , 2020 All Rights Reserved.