主な症状長年の腰痛、草むしりで悪化

患者

60代女性

通院回数

3回

 

頻度

週1回程度

来院地域

越前市

 

症状

長年の腰痛持ち。庭の草むしりをしていて悪化した。孫を抱っこしていたりするのがとても辛い。

骨盤の上辺りが全体的に痛む。体を後ろに反らすと痛みが強くなる。友人の紹介で来院。

施術と経過

後ろに反らす時に悪化するというところに注目した。

足に鍼をし、後ろに反りやすいように腰椎の動きを改善させた。もう一度反ってもらうと、痛みは軽くなり左側だけに痛みが出るとのこと。

草むしりの姿勢や、抱っこをしていることで手や背中に負担がかかっていると考え、手のツボで背中を改善させるように促した。すると、同じように反ってもらっても痛みが出なくなった。

< 腰痛の治療例(1)へ戻る

Copyright© 福井の鍼灸・整体「藤澤活法鍼灸院」 , 2020 All Rights Reserved.