主な症状寝ている時に臀部の痛み、大腿後外側がピリピリ

患者

70代女性

通院回数

4回

 

頻度

週1回程度

来院地域

坂井市

 

症状

仰向けやうつ伏せで寝ているとお尻に痛みを感じ、太ももの後ろの外側辺りがピリピリと痺れているような感じがする。朝起きた時が特に症状が強い。

腰椎の3番目~5番目が出っ張っており、腰が曲がっている。しばらく整体に通っていたが、ご家族の薦めで来院した。

施術と経過

腰椎を触診するためにうつ伏せになってもらうと症状が出てきた。辛そうだったので、できるだけ速く触診し鍼を5分間置鍼すると、太もものピリピリ感が段々弱くなり、お尻の痛みだけが残った。

仰向けよりもうつ伏せの方が辛そうだったので、体を後ろに反りやすくなるように手のツボで背中を調整すると、お尻の痛みも消えた。(治療4回)

< 座骨神経痛の治療例へ戻る

投稿日:

Copyright© 福井の鍼灸・整体「藤澤活法鍼灸院」 , 2020 All Rights Reserved.