主な症状臀部から大腿外側にかけての痛みと痺れ

患者

20代女性

通院回数

1回

 

頻度

1回通院

来院地域

東京都新宿区

 

症状

福井への短期出張中にホームページを見て来院した。

1年前にお尻から太ももの外側にかけて痛みと痺れが出るようになった。どのような姿勢でも痛みが出る。整形外科で椎間板ヘルニアと診断を受け、湿布や鎮痛剤でごまかしながら過ごしていた。

我慢できなくなると近くの鍼灸院へ行き鍼を受けていたが、一時的に症状は和らぐけれど、一週間ほどで元に戻ってしまうと言っていた。

施術と経過

症状が出ている場所から、腰椎の4番目と5番目が怪しいと考えた。この場所は、椎間板ヘルニアが見つかった場所と一致する。

腰椎の4番目と5番目付近の一番反応が強いところに鍼を行い、10分間置鍼した。すると、痛みも痺れも感じなくなり、どのような姿勢をとっても症状が出なくなった。

< 座骨神経痛の治療例へ戻る

投稿日:

Copyright© 坐骨神経痛,耳の症状でお悩みなら福井市の藤澤活法鍼灸院 , 2020 All Rights Reserved.