主な症状歩くと大体裏とふくらはぎに痺れ

患者

60代男性

通院回数

1回

 

頻度

1回通院

来院地域

あわら市

 

症状

歩いている時に、左太ももの裏側と右足のすねに痺れを感じる。過去に病院で脊柱管狭窄症と診断を受けている。

施術と経過

来院した時も痺れを感じていた。原因だと思われる腰を触診すると、痺れの部分と対応する部分が硬くなっていたため、そこを鍼で緩めた。

すると、太ももの裏側の痺れは無くなり、すねの痺れは外側に移動したとのことだった。移動した痺れの部分に合わせて腰に鍼をすると、ほとんど痺れは感じなくなった。

< 座骨神経痛の治療例へ戻る

Copyright© 福井の鍼灸・整体「藤澤活法鍼灸院」 , 2020 All Rights Reserved.