主な症状臀部の痛み、大腿裏からふくらはぎにかけて痺れ

患者

60代男性

通院回数

2回

 

頻度

週1回程度

来院地域

福井市

 

症状

来院の4日ほど前にゴルフをした後から、臀部の痛みと太ももの裏からふくらはぎにかけて痺れを感じるようになった。

しばらく立っていたりソファなどの柔らかいイスに座ると症状が出る。固いイスなら症状は出ない。

5年前に同様の症状で坐骨神経痛と診断を受けたことがあり、再発したのではと考えている(その時は3ヶ月ほど整形外科へ通院していたら治まった)。ホームページを見て来院。

施術と経過

一診目、臀部の梨状筋の緊張が原因だと考え、腰と手のツボに鍼をした。

腰のツボに鍼をして立ってもらうと、臀部の痛みが半分くらいになっていた。次に手のツボに鍼をすると、痛みがさらに半分くらいになった。

治療後に確認のために待合室のソファに座ってもらうと、ふくらはぎの痺れは出ないとのことだった。

二診目、臀部の痛みとふくらはぎの痺れが少し戻っていた。前回と同じ腰のツボを使うと、症状はかなり小さくなった。

しばらく様子をみて、まだ症状が残っているようだったら来院すると約束を頂き、治療を終えた。

< 座骨神経痛の治療例へ戻る

投稿日:

Copyright© 坐骨神経痛,耳の症状でお悩みなら福井市の藤澤活法鍼灸院 , 2020 All Rights Reserved.