主な症状臀部から膝外側までの痛み、足首までの痺れ

患者

60代男性

通院回数

4回

 

頻度

週1~2回程度

来院地域

福井市

 

症状

1年前から臀部に痛みを感じるようになり、徐々に痛みの範囲が大腿外側(膝辺りまで)へ広がり、膝から足首まで足の外側に痺れを感じるようになった。

病院でCTやMRIの検査を受けたが原因が分からず、ブロック注射や痛み止めの薬を処方されたがあまり効果が無かった。寝ている時(特に仰向け)も痛く眠れない。歩き出しや左足に体重がかかると症状が強くなる。

ホームページの治療例を見て可能性があるならと思い来院した。

施術と経過

痛みを感じている部分との関連性から腰椎を探ってみると、第4腰椎の緊張が強くなっていたので、まずはそれを緩めた。

次に股関節や臀部の緊張と関連のある足のツボを使用した。症状を確認すると、臀部の痛みは一部残っているが、大腿から下の症状はあまり気にならなくなった。

その後も同様に腰椎、臀部、股関節に重点を置きながら治療を続け、四診目の後で症状がほぼ気にならなくなったとのことだったので、治療を終えた。

< 座骨神経痛の治療例へ戻る

投稿日:

Copyright© 坐骨神経痛,耳の症状でお悩みなら福井市の藤澤活法鍼灸院 , 2020 All Rights Reserved.